医療脱毛は、肌の色合いとは大きな関係があります。
基本的に色が少々黒っぽい方々は、施術はやや難しくなる傾向があるのです。

そもそも医療機関が採用しているレーザーは、黒っぽい色と反応してしまう傾向があるのです。
いわゆるメラニン色素などです。

このため夏の少し後の時期などは、クリニックによっては施術を受けるのが難しい場合があります。
万が一レーザーで肌が火傷してしまうと、それこそクリニックの責任問題になりかねません。
もちろんそういう事は、避けたいと考えている訳です。

しかしむだ毛が気になる方々としては、日焼けという理由で施術を受けられないのは、少々困ってしまうでしょう。
実は、中には例外的な病院もあるのです。
医療脱毛によっては日焼けをしていても特に問題は無い
そもそも病院が採用しているレーザーは、どこも同じではありません。
中には、やや特殊なレーザーを採用している病院もあるのです。

と言うのも全てのレーザーが、日焼けに関係がある訳でもありません。
中には日焼けをしていても、特に問題無いレーザーも存在する訳です。
したがって日焼けしている時などは、そういったレーザーが採用されたクリニックを選ぶと良いでしょう。

またそういったレーザーの場合は、肌に対して比較的マイルドな傾向もあるのです。
それなりに脱毛の力も強い上に、肌に対する影響も小さい訳ですから、なかなか良いレーザーの1つと言えるでしょう。
肌に対する影響が気になる時には、日焼け肌でも問題無い施術を行ってくれる病院がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です